会社のため、売り上げのためでは社員はついてこない

会社のために頑張る!

売上のために頑張る!

バブルの時代であれば通用したかもしれませんが個人が尊重される今、この考え方では社員はついてきません。

 

それどころか、You Tubeなどで自己啓発系のコンテンツなどでは

「自分の夢の実現のために会社がある」などと発信されている方もおり

自分の夢のために働くというマインドの人が増えてきております。

これに関しては当然自分の夢のために働く方が良いに決まっていますが

経営者の方は自分の会社のために頑張る、自分の会社の売り上げのために頑張る

が当たり前になり、社員も当然同じ考えだと思い。温度差が生じます。

 

経営者の方は「会社のために働く」それは自分ごとなので当たり前ですが

社員の方からしたら「会社のため」は他人事です。

 

夫婦間であっても「旦那の夢は私の夢」なんていう奥様はおりません。

夫婦間で出来ないものを社員ができるわけないのです。

 

では、どうしたら社員が「会社のため」に動けるようになるのか

それは明確な「会社のビジョン」をつくり、全社員に「ビジョン」を浸透させることです。

 

「いや、でも会社のために働く時代じゃないと言ったばかりで会社の「びじょん」なんか聞いてもしょうがなくない?」

と思われるかもしれませんが、どのように会社のビジョンを浸透させるかということがポイントになります。

 

それは、会社のビジョンが達成された時に「自分はどのようなっていると思う?どうなりたい?」という事を考えさせて

自分のビジョンとリンクさせるという事です。

 

自分の夢「ビジョン」と会社の「ビジョン」がリンクして一体となることで

他人事ではなく自分事としてとらえることができるようになりますので「会社のために(自分のために)働こう」というマインドになります。

 

しかし「ビジョン」(どうなりたいか)ということだけでは組織としての判断基準がなく不十分です

ではあと何が大事か?

それは

「ミッション」(なぜなんのためにそのビジョンを達成したいのか?)本当の目的

「バリュー」(何を大事に優先するのか、どのように進めるのか)行動する時の判断基準

のふたつが必要になります。

この「ビジョン」と「ミッション」と「バリュー」を社員の人たちに浸透させることができれば

「自分事としてとらえ、自分で判断して自発的に動ける」チームになり

エンゲージメントの高い社員が増えて自然と定着率も上がって行く事になります。

 

なかなか人が定着しなかったり、自分事として捉えて動ける社員がいなくてお悩みの経営者さま、マネージャーの方

今一度組織のビジョンは何かを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 


カテゴリ一覧
人事労務
チームビルディング
採用
その他(コーチング、秘儀セッション)
新着記事
《嘘のような本当の話》
2020.11.05
会社のため、売り上げのためでは社員はついてこない
2020.06.17
アベノマスクが教えてくれたこと
2020.06.15
年金改革関連法が成立しました
2020.05.31
Afterコロナを考える
2020.05.24
定着する人材を採用するコツ
2020.04.30
採用担当者必見!「応募がない、応募があっても応募者の質が低い」は求人原稿の書き方が原因かも
2020.04.25
64歳以上の方も雇用保険料の納付が必要になりました。
2020.04.17
人が辞めない会社の作り方
2020.03.18
固定残業代でよくある勘違い
2020.03.18
関連する記事
アベノマスクが教えてくれたこと
安倍首相のコロナ対策のひとつである「アベノマスク」 皆様のところにも届きましたでしょうか   …
安倍首相のコロナ対策のひとつである「アベノマスク」 皆…

Afterコロナを考える
令和2年4月7日 7都道府県に対して緊急事態宣言が発令、その後全国的に緊急事態宣言が広がり 強制的にテレワー…
令和2年4月7日 7都道府県に対して緊急事態宣言が発令…

定着する人材を採用するコツ
先日求人現行の書き方として 「求職者目線で原稿を書く」とお伝え致しました。 本日は選考プロセスで大事なファン…
先日求人現行の書き方として 「求職者目線で原稿を書く」…

人が辞めない会社の作り方
本日は人が辞めない会社の作り方として 社員を採用してもすぐに辞めてしまっては意味がありませんので 離職率を下…
本日は人が辞めない会社の作り方として 社員を採用しても…