採用担当者必見!「応募がない、応募があっても応募者の質が低い」は求人原稿の書き方が原因かも

少子高齢化により有効求人倍率は高止まりしており、売手市場の現在

新型コロナウイルスの影響で下がってきているとはいえ常に人手不足で困っている会社さんも多いかと思います。

 

そんな中、高い求人サイトを申し込んで求人を出したは良いものの

なかなか応募がない、あってもレベルが低い。

やっと良い人材が来て内定を出したは良いけど辞退されてしまう。

採用に結びつかない。このようなお悩みをよく聞きます。

 

今日はそのなかで、少しでも質の良い応募者を集めるための求人原稿の書き方のポイントをお伝えしたいと思います。

 

求人原稿はあくまでも求職者目線で

求人原稿を書く上で一番注意しないといけないのは求職者が「求人原稿を見てみよう、応募してみよう。」

と思える求人原稿にするために、求職者目線で書く。という事です。

 

例えば、よく見る求人原稿でタイトルの横にデカデカと

「急募」

と書かれているのを見るかと思います。

これは明らかに企業側の都合であり、求職者からしてみれば「知らんがな」という話ですよね。

そして、求職者から見てどのように映るでしょうか。

「急募ってことは人がいないんだろうな・・・」

「入社しても大変そう・・・」

むしろ敬遠されるのではないでしょうか。

 

もしかしたら、

「この会社ならすぐに雇って貰えるかも!」

と期待して応募してくる方はいるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

「すぐに雇ってもらえるかも」と思って応募する方でハイスペックな方は多いでしょうか。

 

とにかくどんな人材でもなんでも良いから入って貰いたい。

そう思うのであれば、それもひとつの手かもしれませんが敬遠される可能性が高いと思われます。

 

また、求人原稿に

「残業少ない」

「有給消化率高い」

「自由に休める」

このような内容を前面に押し出された原稿を見て来られた方でが

面接でする質問とはどのようなものになるでしょうか?

 

残業時間や有休の質問が来そうじゃないでしょうか?

 

かたや、

「将来、社長の右腕として活躍する幹部候補」

などと書かれた求人を見て応募してきた方からでる質問はどのようになるでしょうか。

会社のビジョンであったり展望を聞いて来そうじゃないでしょうか?

 

求人原稿を見たときにどのような人にヒットするのか、求職者の目線で考えて原稿を書くのが大原則となります。

 

求人に応募して働こうという方は当然応募する会社のことは知りません。

どのような仕事をするのか、どのような雰囲気の会社なのか

不安な気持ちで応募する方が殆どだと思います。

ですので、求人の内容から上記のような不安を取り去ってあげれば

「応募してみようかな」

という気持ちになるのではないでしょうか。

 

また、職種名などでも業界特有の呼び方があったとしても

誰でもその文章を読んで理解できる内容にしておく必要があります。

そうでないと、どのような仕事か想像ができずに応募しようという気になれないからです。

 

結論としましては、

あくまでも求職者目線で

1.「どのような雰囲気の会社で、どのような仕事を行うのか」不安を取り除くような内容

2.採用したい人材にヒットするような内容

それを考えてみるだけでも求人原稿は改善されるかと思います。

 

動画でも同じ話ですがしてみました。

 

次回は「定着する人材を集めるためには」について書きたいと思います。


カテゴリ一覧
人事労務
チームビルディング
採用
その他(コーチング、秘儀セッション)
新着記事
《嘘のような本当の話》
2020.11.05
会社のため、売り上げのためでは社員はついてこない
2020.06.17
アベノマスクが教えてくれたこと
2020.06.15
年金改革関連法が成立しました
2020.05.31
Afterコロナを考える
2020.05.24
定着する人材を採用するコツ
2020.04.30
採用担当者必見!「応募がない、応募があっても応募者の質が低い」は求人原稿の書き方が原因かも
2020.04.25
64歳以上の方も雇用保険料の納付が必要になりました。
2020.04.17
人が辞めない会社の作り方
2020.03.18
固定残業代でよくある勘違い
2020.03.18
関連する記事
Afterコロナを考える
令和2年4月7日 7都道府県に対して緊急事態宣言が発令、その後全国的に緊急事態宣言が広がり 強制的にテレワー…
令和2年4月7日 7都道府県に対して緊急事態宣言が発令…

定着する人材を採用するコツ
先日求人現行の書き方として 「求職者目線で原稿を書く」とお伝え致しました。 本日は選考プロセスで大事なファン…
先日求人現行の書き方として 「求職者目線で原稿を書く」…